GPS発信機から選ぶ

GPS専門店メニュー

様々な用途で大活躍!

大量ロットの注文OK 個人情報厳重管理

GPS発信機の電池は何日もちますか?

GPS発信機の電池もちは、お問い合わせで一番多い内容となります。

GPSレンタル会社のホームページ上に記載されている電池もちは待機状態での待受日数ですので、
最大90日間や最大60日間という表記がされています。

しかし、実際に90日間や60日間使える訳ではありません。

最大待受日数と実際に稼動する日数は違う!

GPS発信機は、位置情報の取得・通信圏外や衛星測位がしづらい場所に滞在することで待機電力以上に
電池を消耗します。

この待機電力以上に電池を消耗する部分をいかに抑えているGPS発信機なのかが重要です!

例えば当社G-NEXTは最大待受60日タイプで位置情報取得4,400回を記録しています。
他社の最大待受90日タイプをテストした結果は位置情報取得2,140回でした。

「G-NEXT」をご利用されている方の実稼動日数は20~30日

G-NEXTの最大待受日数は60日となります。
平均的なご利用時の実稼働日数で20~30日を記録できているのは、独自開発端末で国内最高性能を
搭載しながらも極限まで電池消耗を抑えた設計となっている証です。

「AMT-300」をご利用されている方の実稼動日数は2~3日

AMT-300の最大待受日数は5日となります。
超小型に特化した簡易GPS発信機となりますので、電池消耗を抑える機能は搭載されておりません。
位置情報取得回数に換算すると40~60回程度となります。

GPS発信機の性能に関するその他のご質問

GPSレンタルのお申し込み・お問い合わせ先

0120-947-737
  • ラインでお問い合わせ
  • メールでお問い合わせ
  • ご注文はこちら
------------------------------ Yahoo!CVタグ ------------------------------